サービスの仕組み | 意外な盲点、メンズ向けファッションレンタルサービスのポイント

服をレンタルするという選択肢

人が着た服を着るのはちょっと抵抗が

洋服レンタルの仕組み

では洋服レンタルはどのような仕組みで成り立っているのでしょうか。

まず洋服レンタルには大きく分けて2つの種類があります。1つは以前からあるような店に行き、実際に服を見て、そして貸してもらう服を自分で指定するものです。
これはよくある貸衣装というのに近いもので、正直な所とても便利!というわけでは無いような気がします。
(もちろん高価な衣装を借りるときは非常に便利ですが)

もう1つはネットを使ってレンタルする方法です。
この方法が現代では主流であり、このネットレンタルサービスの中でも種類がいくつかあります。
主流なものを説明すると、まずはオーソドックスな月何円という会費を支払って、月決められた枚数や回数の範囲内で、自分の欲しい服をレンタルするという手法です。
また違うタイプとしては、最近ではプロのコーディネーターが服を選んでくれるというようなサービスもよく利用されています。

一度誰かが着た服

洋服をレンタルするということは、もちろん誰か自分の知らない人が着た服を着ることになるかもしれないということです。

全部が全部誰かが着た服というわけでは無く、例えば偶然にも自分が新品を着るということもありますし、このようなレンタルに用いられる服は店舗で売れ残ったものやマネキンに着させていたものを利用する場合もあるので、新品を着るということは大いにあります。

しかしもちろん新品を着ないということも大いに有り得る訳ですが、誰かがきた服だからといって汚れていたり、臭ったりするなんてことは絶対ありません。
基本的にすべての服は入念に選択され、除菌もされているので、よほど潔癖な人で無い限りは大丈夫ではないかと自分は思います。
どうしても新品でないとという人は、少しお金はかかりますが、新品しかレンタルしないようなサービスもある所があるので、そちらを利用してみてはどうでしょうか。


この記事をシェアする